Home (1)

野菜Sebzeler

チェンゲルキョイきゅうり

チェンゲルキョイ・フヤルÇengelköy hıyarı

チェンゲルキョイきゅうり

チェンゲルキョイというのは、アジア側のボスフォラス海峡沿いにあって芸術家や文化人が多く住むことで知られ、いまでも昔ながらの雰囲気が残る地区の名前。「チェンゲルキョイといえばきゅうり」というくらい、ここのきゅうりは昔から有名だ。

特徴はその小ささ。全長は5cmくらいからせいぜい10cm。ピクルス用に使われるがそのままポリポリと食べてもおいしい。ふつうのきゅうりをぎゅっと凝縮させた感じで、水分も少なく身も締まって新鮮な青臭い苦味が少しある。

店では「チェンゲルキョイきゅうり」と札をつけて売っているけれど、実はアンタルヤから輸送されてくるらしい。今日びアパルトマンが立ち並ぶチェンゲルキョイに、きゅうり畑など残っているはずもない。

This website is designed & maintained by Nobuhito Kasai.