Home (1)

果物Meyveler

ブドウ

ユズムÜzüm

ブドウ

ぶどうの歴史は古く、紀元前5000年にまで遡るという。原産地は小アジアを中心にコーカサス地方にまで広がる。果糖とミネラルを多く含むため、昔からエネルギー源として好まれた。ビタミンA、B、ポタシウム、鉄分を多く含む。そのまま食べるほかに、ワイン、ぶどうジュース、ペキメズ(ぶどうジュースを煮詰めてペースト状にしたもの)、ワインビネガー、干しぶどう、と用途もいろいろだ。

ぶどうは種類が多く、世界で1万種を数えるとも言われる。アナトリア地方だけでも1200種あるそうだ。トルコで栽培されている主な種類は以下の通り。

This website is designed & maintained by Nobuhito Kasai.